未分類

RESONANCE ~共鳴 (2021年1月)

今回の新型コロナの発生から1年が過ぎました。いま世界でなにが起こっているのか冷静に振り返ってみると、テレビでは毎日毎日、陽性者が何人と報道し続けて人々の恐怖をあおり、初めての出来事に政治が失策を繰り返す事態になりました。実際には、毎年1千万人以上の人がインフルエンザにかかり、2018年のインフルエンザによる死者数は、3325人でした。今回のコロナの死者数は12月24日で3122人ですから、比べてみても特別多いわけではありません。2019年には年間に137万人が死亡しています。つまり、このコロナウイルスを特別視する理由が見当たらないのです。

ウイルスは地球上に5000種以上あるといわれており、その中で、人間に対して悪さをするウイルスは1%に満たない数です。つまり自然界にはこの銀河の星の数の何兆倍以上のウイルスがいて、私たちの周りはウイルスに満ち溢れています。中でもバクテリオファージとうウイルスは興味深く、その足のような触手で病原菌に取り付き、細菌内に素早く侵入すると爆発的に増えて、やがて細胞壁を破って、病原菌をばらばらに破壊してしまうのです。その様子はまるで映画のエイリアンそのものです。この特性を利用してアメリカでは、2006年にFDA(食品医薬品局)がこのウイルスを食品添加物に認可し、ソーセージやハム、カット野菜などの殺菌に使われているのです。またロシアではさらに研究が進み、化粧品としても販売されています。このように、ウイルスは人間にとって悪さをするばかりではなく、役に立ってきたという側面も見逃せません。インドのガンジス河は、腐敗物が目の前を流れる中、毎日多くの人が沐浴したり、口にしたりもする「聖なる川」ですが、そんな水を口にしてもめったに死人が出ないのは、この川の中にはコレラ菌や赤痢菌を食べてくれるバクテリオ

ファージが数多く存在しているから

だと報告されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中