未分類

RESONANCE ~共鳴 (2019年2月)

1947年、アメリカのロズウェルに未確認飛行物体が墜落しました。アメリカ軍は当初の未確認飛行物体の墜落を認めていたのですが、すぐにそれは気象観測用の気球であったと訂正しこの問題の打ち消しに躍起になりました。実際には、破損した未確認飛行物体と搭乗していたとみられるいわゆる「グレイ」タイプの宇宙人の数体の死体を回収していました。さらにこの時、まだ生きていた一人の宇宙人も軍の基地内に連れ去っていたのです。それから約60年後、この時の宇宙人(名前はエアル)と、軍の看護婦であったマチルダ・オードネルとの対話の様子が「エイリアンインタビュー」として出版されています。この本によると、エイリアンなどの進化した宇宙の存在は人工的な肉体を持ち、これまで生きいてきた長い時間のすべての記憶を持っているそうです。地球上の人間が一世代ですべての記憶を失ってしまうのとは対照的に、すべての人生の様々な経験の知識と、能力を一人一人が保有しています。また、人工的な肉体に自由に出たり入ったりできるということは、近い未来にAIが感情を持つ可能性があるということです。感情を持つためには、必ず魂が必要です。魂は、それが人工的な肉体でも、クジラやイルカの中にも入ることができるそうです。そして魂は、宇宙の初めからずっと存在し、不滅であり、肉体を使って何者かになるためにあるとエアルは語っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中