2018年

RESONANCE ~共鳴 (2018年7月)

近年、世界各地で地震や火山の噴火が増えています。その原因について様々な意見がありますが、最も説得力のある説明があります。それは、地球の自転速度が遅くなっているというものです。これは。2018年で5年目にあたり、過去のデータから、約30年周期で自転は遅くなり、その後5年間続くとされています。今年が、その最後の年にあたります。

通常、地球では1年間に15回から20回の大きな地震(マグニチュード7.0以上)が発生していますが、地球の回転の減速の5年目となる年は、データの傾向からは、平均で25回から30回以上のマグニチュード7以上の地震が起きると予測されると、専門家が指摘しています。

ただ、この地球の自転速度が遅くなる理由についてはわかっていません。

地球の自転速度は。赤道付近で時速約1.670kmぐらいです。つまり、ジャンボジェット機の2倍近い速さで回転しています。同時に、太陽の周りを秒速、約30㎞で公転しています。時速にすると約108.000kmです。宇宙空間をものすごい速度で驀進中の物体の上に私たちは生きています。歴史的に見れば、(地球の)何が起こっても実はそれほど不思議ではありません。ときに視点を高くすることによって、小さなことに囚われがちな日常の中でも「今」の当たり前ではない貴重さに改めて気が付くことができるはずです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中